読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖すぎる「公開処刑」漫画ネタバレブログ

怖すぎる「公開処刑」漫画のネタバレブログです。怖〜いマンガのネタバレ感想を綴っています。

漫画「パーフェクトヒューマン」5話ネタバレ感想【名門・二葉家の秘密とは?】

漫画「パーフェクトヒューマン」5話ネタバレ感想【名門・二葉家の秘密とは?】

パーフェクトヒューマン

  

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです^^

 

5人の男が演じるプロボクサー「世良優人」。

 

次のターゲットは、社長令嬢・二葉栞(しおり)。

 

名門である二葉家には、実はある秘密があって・・・?

 

高橋一仁「パーフェクトヒューマン」

 

二葉家の恥部、そして、

 

それに目をつけた、世良の真意とは?

 

この記事では漫画「パーフェクトヒューマン」5話の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

 

私はここで読みました

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

漫画「パーフェクトヒューマン」5話ネタバレ!

パーフェクトヒューマン

二葉家に気に入られる

 

栞を助けたことで、二葉家に取り入ることに成功した「世良優人」。

 

助けてもらったお礼にと、夕食に招かれます。

 

栞の父は、二葉ホールディングスのCEO。

 

最初は世良のことを、「どこの誰だかわからん奴」と見下していた父ですが、

 

実際に会い、政治や経済のことを議論する中で、

 

すっかり世良のことを気に入ってしまいます。

 

「こんなイイ男はそおーいやしない!」

 

笑いながら、世良を褒める父。

 

計画は、順調に進んでいました。

 

「僕を信じて」

 

(私もっと)

 

(世良さんのこと、知りたい!)

 

自分でもどうしようもないほど、世良に惹かれていく栞。

 

帰り際、勇気を出して、世良に「料理を教えて欲しい」と頼みます。

 

もちろん、世良は快諾。

 

数日後。

 

二人は世良の家で、料理教室をすることになります。

 

「で、沸騰する直前に火を止めるの♪」

 

「いい?絶対沸騰させちゃダメよ!」

 

なぜか女口調になる世良に、大笑いする栞。

 

笑顔で進む料理教室ですが、お互いの家族の話題になった時、

 

突然、栞が泣き出します。

 

二葉家での夕食の時も、家族の話題が出ると、暗い顔になった栞。

 

そんな栞を、世良は後ろから抱きしめます。

 

「悩みがあるなら、僕を信じて話してみませんか?」

 

「栞さんのそんな顔、僕はもう見たくない」

  

二葉家の恥部

 

栞の案内で、二葉家を訪れた世良。

 

案内されたのは、屋敷の一室。

 

部屋の鍵を渡され、世良はそこに向かいます。

 

そこにいたのは、栞の妹・紫(ゆかり)。

 

海外留学していたはずの紫は、実は屋敷にいたのです。

 

壁には、何かを投げつけたあと。

 

ゴミだらけの部屋に、しきっぱなしの布団。

 

そしてパソコンの画面には、紫が打ち込んだ「死ね」の文字。

 

紫は、明らかな引きこもりでした。

 

これが、名門・二葉家の恥部。

 

世良はこれを狙って、栞に近づいたのです。

 

果たして、彼の目的とは?

 

世良と紫が接触したことで、波乱の展開が幕を開けます!

 

 私はここで読みました

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

漫画「パーフェクトヒューマン」5話読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160930220716p:plain

 

ついに明かされる、二葉家の恥部!

 

恥部というか、明らかに紫ちゃんがものすごくかわいそうな感じなんですが・・・

 

華やかな二葉家の、次女が引きこもりだという事実。

 

それを掴んだ世良は、このあと一体何をするつもりなのでしょうか?

 

そして、世良に恋する栞の運命は?

 

栞ちゃん、すごくいい子なので、不幸にならないことを祈りますが、

 

世良にボコボコにされちゃうんだろうな・・・。

 

それにしても、世良の善人ぶりが!

 

本性を知っている読者として、うさんくさいことこの上ないんですが(笑)、

 

みんな騙されちゃうんですよね〜。

 

この先も、予想できない展開が続きます!

 

続きはぜひ、本編で確かめてみてくださいね。

 

私はここで読みました

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(パーフェクトヒューマン、で検索してみてください)

 

こんな記事も書いています

 

 

kaeruotoko.hatenablog.com

 

 

 

kaeruotoko.hatenablog.com